ワイン検定ブロンズクラス


そもそもフレンチが好きですが、ワインをあまり理解しておりません。。それでは面白みが半分かなと、少し勉強しみてみることにしました。そこで、チャレンジしてみようと思ったのはワイン検定です。まずは、入門はブロンズクラスです。

内容はざっと書くと、ワインとは、歴史、分類、白赤ロゼの工程、ブドウの品種(代表的な白ワイン用4種、代表的な赤ワイン用4種、そのほか20種)、ラベルの読み方、抜栓、グラスの選び方、料理の相性、チーズですかね。これを90分の講習で学びます。もちろん、テキストは早めに来るので軽く目を通せばさらに良いです。もちろん、全然でもたぶん大丈夫・・・・かな。

そして、講習後に40分のテスト、実際は20分もかかりません。10分で50問が解けると思います。

これで何がわかるかというと、ほとんどわからないかもしれません。しかし、最近はリースリング!!? シャルドネ??? マスカットベリーA!!!などの言葉が目に入ってくるようになりました。ここをきっかけに後は楽しく少しずつ飲んでいけばよいのではないかと思います。ブドウの種類が少しでもわかると、少しだけ取り掛かりができた気がします。

皆さんも、少しだけの時間を使って、ワイン検定にチャレンジください。少しだけ取り掛かりができるのではと思います。