横浜・東京旅行 2020年9月20日


パリに行った際に、行きたかったトゥールダルジャンだが、パリ経由でイタリアに入らなくなり。ドバイ経由が主になりそうだから、とりあえず東京支店にチャレンジしてみた。

その前に、ニューオータニの庭を散策してみた。特に「滝」が見たかったのだ。また、庭を散策中にシェフが庭を見ている姿も見見ることができ、ラッキーだった。

正面の滝の上が、トゥールダルジャン 東京だ。

さて、もちろんトゥールダルジャン 東京なので、鴨料理が有名だ。下に前菜から魚料理と鴨のスペシャリティの写真を置いておきます。私は鴨も良かったけど、特に魚料理として出たオリジナルブイヤベースが気に入った。また、同じ季節に出るなら行くかもしれない。

トゥールダルジャン 東京では、ディナーはグラスで白は出すが、赤はグラスで出さない。ボトルでのみサーブされる。私はそんなに飲める方ではないので、ハーフボトルで相談した。予算もワインには2万円程度でと決めていたので、お勧めいただいたものの中からボルドー ポムロール シャトーNININ 2009年としました。まだ、私はワインが良く判るわけではなく勉強中だが、すごく深みのある赤だったと感じた。

期待の鴨のメインも考えていた以上に美味しくて、これは何度でも来てしまうと思いつつ、なんとチーズワゴンが他のテーブルに来ていることに気づく。しかし、この時点で赤ワインを飲み切ってしまっていて、ガックリと意気消沈している私を見て、お店が追加でワインを一杯、準備してくれた。私がチーズワゴンがあることを理解してなかったのが失敗だったが。それを察してソムリエさんが準備してくれたのだ。素晴らしい、本当に素晴らしいチームだと思う。もちろん、ワインを全く飲まないで、チーズワゴンも頼まなければ追加を準備してくれるとは思えないけど、こちらの状況を考えて、判断して動かれたソムリエさんに感動した。もちろん、格に相応の価格となったが、この体験は本当に価値あると思った。きっと、また、この先の人生で何回か行く事になるだろうと思っている。ほんと、楽しみです。

フレンチが好きで、関西もいろいろ行ってみたが。やはり、シェフの工夫とサービスの連携と建物の素晴らしさのすべての調和が大切だと思う。どれがかけても素晴らしい体験にはならない。高度にそれが組み合わさるにはすごい努力が必要だとわかる。わかるから、こそ、それを体験するには高い費用かもしれないが、私はこの体験は本当に安いと思っている。皆さんも2名で10万円持って、ぜひ使い切る気持ちで楽しんでほしい。私は、少し高価な鞄や服などを買うより、よっぽど思い出になると思ってます。

この後、永田町駅から地下鉄を乗り継いで1時間離れた。。。2名で1万円以下の格安ホテルで泊まった事は・・・・内緒です。(笑) ホテル代は安いほど価値を感じます。(笑)