SurfacePro7が帰ってきた。


月曜日に近所のローソンから出発させたSurfacePro7が金曜日には到着予定で返却されてきた。もちろん、同じ機体ではない。なぜならMacアドレスが違うからだ。

こんな感じで、法人向けのパッケージみたいな箱に入って帰ってきた。

立ち上げると、もちろん普通に初期設定があり、利用開始となる。マイクロソフトのアカウントから見ると修理に出した機器とは別の機器として認識されているが、サポート期間(1年の修理保証期間)は前の機器の期間を受け継いでいた。

早速MicrosoftOffice365Personalをダウンロードして、あとは少しのアプリケーションをダウンロードして利用開始だ。この程度なら、ほとんどスマートフォン並みの利用方法だから、新しいSurfaceに乗り換えるとしてもほとんど困らないと思う。

アップデートもするし、問題ないかと思ったらマイクロソフトストアーがちゃんと動かない。少し調べてストアを初期化するプログラムを動かして、回復を確認。。危ない危ない。